フレッツ光:東日本にお住まいの方

フレッツ光:西日本にお住まいの方

当サイトのオススメ情報


フレッツ光サイト内コンテンツ

Bフレッツとは

Q.1 Bフレッツとはどのようなサービスですか?

A.1
Bフレッツは、お客さま宅まで直接引き込んだ加入者光ファイバをアクセスラインとするインターネット通信料完全定額制サービスです。加入者光ファイバならではの高速通信を思う存分お楽しみいただけます。


Q.2 フレッツ・ISDN/フレッツ・ADSLとの違いは何ですか?

A.2
フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDN/Bフレッツとも、NTT東日本のフレッツ網を中継し、インターネットへの定額接続を可能にするサービスです。フレッツ・ADSLはメタリック回線(アナログ回線)、フレッツ・ISDNはISDN回線、Bフレッツは光ファイバーを利用します。


Q.3 「最大100Mbps」とありますが、常にその速度で通信できるのですか?

A.3
本サービスはベストエフォート型のサービスであり、最大速度を常に保証するものではございません。インターネットのご利用時の速度は、お客さまのご利用環境や回線の混雑状況、伝送方式等によって低下する場合があります。また、インターネットサービスプロバイダの準備されるネットワークによっても異なります。


Q.4 定額でインターネットが使い放題ということですか?

A.4
インターネットサービスプロバイダに接続するための通信料が完全定額となります。なお、インターネット接続にあたっては、本サービス利用料のほかにインターネットサービスプロバイダの接続料が必要となります。


Q.5 宅内に設置される装置はどの程度の大きさなのですか?

A.5
お客さま宅には、回線終端装置を設置いたします。各タイプにより異なりますが、概ね高さ約5cm×横約12cm×奥行約20cmです。
なお、マンションタイプでは回線終端装置をお客さま宅内に設置いたしませんが、LAN配線がないマンション、オフィスビルなどでVDSL装置を設置した場合、大きさは、高さ約35mm×横約160mm×奥行約172mm(突起物除く)程度です。また、PNA装置を設置した場合、大きさは、高さ約3cm×横約11cm×奥行約16cm程度です。


Q.6 利用開始にあたって何か設定は必要ですか?

A.6
工事日前までにセットアップに関するガイド、CD-ROMなどを郵送にてお送りしますので、ご参照の上お客さまご自身でパソコン、接続機器などの設定を行ってください。


Q.7 IP電話サービスを利用するためには、どんな機器が必要ですか?

A.7
「IP電話対応機器」が必要です。フレッツでは、さまざまなタイプをご用意しておりますので、お客さまのご利用環境に合わせてお選びいただけます。


Q.8 支払方法はどうなるのですか?

A.8
請求書は毎月15日頃お客さま宅にお届けし、お支払い期限は毎月末日となります。なお、お支払いにはNTT東日本窓口、金融機関、コンビニエンスストアなどがご利用いただけます。(口座引落をご希望の場合は別途手続きが必要となります)。また、電話料金との合算請求につきましては、平成14年1月ご請求分から実施できるようになりました。


Q.9 最低利用期間はありますか?

A.9
「初期工事費無料・月額利用料無料キャンペーン」の適用条件として、最低利用期間(6ヵ月)を設定しております。お客さまのご都合により、最低利用期間内に解約された場合、工事費無料適用額の一部金額として10,500円(税込)をお支払いいただきます。
なお、「初期工事費無料・月額利用料無料キャンペーン」の対象外となりますが、最低利用期間の設定がないプランもございます。


Q.10 マンションタイプについて、一人でも申し込みはできますか?

A.10
同一の集合住宅やオフィスビル単位で、プラン1では8契約以上見込めること、プラン2では16契約以上見込めることが必要となりますが、お申し込みをご希望の場合は、お1人さまからでもご相談ください。なお、集合住宅やオフィスビルの敷地内の共用スペースに弊社通信設備を設置させていただきますので、管理組合さまやオーナー様の承諾が必要となります。


Q.11 土日や祝日にも工事はできますか?

A.11
土日・祝日も工事を承っております。
※但し、地域や工事の込み具合により異なります。


Q.12 解約する場合にどのような手続きが必要ですか?

A.12
[ご解約についてのお申し込み・お問い合わせ]
0120-116-116 営業時間 午前9時~午後9時
年中無休(年末年始を除きます)


Q.13 接続ができない場合、問い合わせ先はありますか?

A.13
[Bフレッツの故障に関するお問い合わせ]
0120-242-751(24時間 年中無休)
※17:00~翌日9:00までは、録音にて受付しており順次ご対応いたします。
※故障修理などの対応時間は9:00~17:00となります。
[Bフレッツのインターネット接続・設定に関するお問い合わせ]
電話から:0120-275-466
受付時間:9:00~21:00(土・日・祝日も受付)
携帯電話から:0570-064-074
受付時間:9:00~21:00(土・日・祝日も受付)
※ご利用に当たっては、料金ガイダンス案内後のボタン操作より通話料金が発生いたします。※電話番号をご確認のうえ、お間違えのないようご注意ください。※PHSからはかかりません。

ひかり電話とは

Q.1 ひかり電話とはどのようなサービスですか?

A.1
フレッツ光(フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ、マンションタイプ、またはBフレッツハイパーファミリータイプ、マンションタイプ)のアクセス回線(光ファイバー)を利用することにより、加入電話、携帯電話等へ低廉な通話料金での発信、および従来の加入電話等と同じ電話番号での着信を可能とするIP電話サービスです。


Q.2 固定電話とは何が違うのですか?

A.2
サービスは、VoIP技術を利用したIP電話サービスであり、低廉な通信料金で、かつ音声品質が固定電話と同等水準で、電話番号もそのままお使いいただくことが可能です。
※一部電話番号が変更になる場合もございます。


Q.3 ひかり電話を利用すると、固定電話が不要となるのですか?

A.3
本サービスは、基本的通話機能については固定電話と差異なくご利用いただけますので固定電話は不要となります。
ただし、「通話先」および「付加サービス」において一部制限がありますので、必ずご確認願います。
また、災害時の優先的な通信の確保、および停電時の通話はできません。


Q.4 ひかり電話でかけることができない(つながらない)電話番号はありますか?

A.4
0990:ダイヤルQ2、114:お話し中調べ等、接続できない電話番号があります。


Q.5 ISDNのように同時に2つ以上の通話をすることはできるのですか?

A.5
ひかり電話の付加サービス(「マイナンバー」「ダブルチャネル」をご利用いただくことで、最大5つの電話番号のご利用や2回線分の同時通話が可能です。


Q.6 フレッツ光1回線で、インターネットとIP電話の両方が利用できるのですか?

A.6
インターネットとIP電話の両方が利用可能です。
ただし、インターネットをご利用いただく場合は、別途インターネットサービスプロバイダとのご契約が必要となります。


Q.7 フレッツ光1回線に、ひかり電話は何契約できますか?

A.7
1回線につき1契約です。
ただし、付加サービス( 「マイナンバー」 「ダブルチャネル」)をお申し込みいただくことで、最大5つの電話番号のご利用や、1契約で2回線分の通話をすることができます。


Q.8 現在使用している電話機をそのまま利用できるのですか?

A.8
アナログ回線用電話機であれば、使用可能です。
ナンバー・ディスプレイ等の付加サービスをご利用になる場合は、ナンバー・ディスプレイサービス対応の電話機等が必要となります。なお、ISDN専用電話機はご利用いただけません。


Q.9 FAXは使用できるのですか?

A.9
G3FAX(一般なアナログ回線用の機器)はご利用いただけますが、G4FAX(ISDN回線専用の機器)はご利用いただくことができません。取扱説明書等にて通信規格をご確認ください。
また、スーパーG3モードの場合、通信環境によりご利用いただけない場合があります。なお、G3FAXであっても、FAX送信先(相手)がISDN回線を利用しており、かつ以下のケースに該当する場合のみ FAX送信ができません。
送信先のG4FAXが「電話着信のみ許容」の設定をしている場合
送信先のFAXが接続されているターミナルアダプタが「HLCあり」(※)に設定されている場合
※「HLC」は高位レイヤ整合性(High Layer Compatibility)の略。通常はISDN網内でのみ使用される通信手順。


Q.10 停電の場合も、通話できるのですか?

A.10
停電時は緊急通報を含む通話ができません。
ひかり電話停電対応機器等をご利用いただくことで、一定時間、通話が可能となる場合があります。


Q.11 通話料金はどのくらいかかるのですか?

A.11
NTT 東日本・NTT西日本の加入電話・INSネット・ひかり電話・ひかり電話ビジネスタイプ、他社固定電話(0AB~J)への通話については、全国一律8円 /3分(税込8.4円/3分)となります。なお、料金プランで「安心プラン」をご利用の場合、月額利用料1,400円(税込1,470円)に1,280円(税込1,344円)分の通話料※がついており、しかも、1,280円(税込1,344円)を超えた通話料は全国一律7.2円/3分(税込7.56円/3 分)と大変おトクな料金でご利用いただけます。
※定額料金に含まれる通話の対象は、NTT東日本・NTT西日本の加入電話・ISDN・ひかり電話・ひかり電話ビジネスタイプへの通話となります。他事業者、携帯電話等への通話は対象となりません。


Q.12 固定電話から「ひかり電話」に発信した場合の通話料金はいくらですか?

A.12
NTT東日本の固定電話から同一県内のひかり電話に発信した場合の通話料金は、固定電話の県内通話と同額になります。


Q.13 故障の場合、問い合わせ先はありますか?

A.13
フリーダイヤル:0120-242-751
24時間365日ご利用いただけます。
※故障修理等の対応時間は、午前9時~午後5時となります。


Q.14 解約する場合は、どこに連絡すればよいのですか?

A.14
【ご解約についてのお申し込み・お問い合わせ先】
「0120-116-116」営業時間:午前9時~午後9時
年中無休(年末年始を除きます)

フレッツ・光プレミアム【西】

  • フレッツ・光プレミアム【西】 - 標準でIPv6に対応し、CTU(加入者網終端装置、IPv6サービス用専用機器)が標準提供される。なお、ユーザ・網インターフェース(UNI: User Network Interface)としては、直接レイヤ3のIPをCTUにより提供するのが原則である(なお、IPsec+RADIUS(IPv4トンネリング)を使用)。そのため、従来のIPv4のブロードバンドルータなどのPPPoE機器を使うのであれば、CTUにその設定をした上でCTU配下に接続することになる(なお、2006年8月13日提供以降の新ファームウェアで対応)。Bフレッツ・ファミリー100と違い、接続端末数制限はない。最大セッション数は5である。また、アプリケーションサービスとしてフレッツ・v6アプリと同等のものが標準提供される。
  • Bフレッツ・ワイヤレスファミリータイプ【西】 - 近在の電柱等に設置した無線基地局(AP)と一般戸建ユーザ宅の外壁・ベランダ等に設置したアンテナ(WT)との間で、FWA(Fixed Wireless Access: 実効最大下り46Mbps・上り32Mbpsの帯域を共有)を利用し光サービスを提供する。光化が困難な地域や散居村などに設置されるケースが多い。伝送距離は概ね800m(基地局APとアンテナWT間)。
Bフレッツ・マンションタイプ

  • Bフレッツ・マンションタイプ, ビルタイプ【東】/フレッツ・光プレミアム マンションタイプ【西】・Bフレッツワイヤレスタイプ【西】 - マンションなどの集合住宅用。FTTBまたはFTTCと 呼ばれ、狭義のFTTHには含まれない。収容局までのファイバーは専有となる。各加入者宅まで直接ファイバーを引き込むものではなく、収容局からマンショ ン用集合装置までファイバーを引き込む。そこから複数のユーザ個宅へ分配されるため、ファイバーは複数ユーザでの共有となる。ファイバーの終端装置から加 入者宅までの接続方法によって次の3通りに分類される。いずれの場合もユーザ端末側の速度は最大100Mbpsである。「光ファイバーがどこまで引き込ま れるか」に由来して、1.と2.はFTTB、3.はFTTCとも呼ばれる。なお、西日本の光プレミアムのIPv6等の仕様については、後述のフレッツ・光 プレミアムと同様である。
  1. MDFに設置したマンション用集合型終端装置から既設のLAN配線(スループットは最大100Mbps)を利用。
  2. MDFに設置したマンション用集合型終端装置から既設の電話線上を介してVDSL(下り最大100Mbps・上り最大100Mbps)を利用。
  3. 近在の電柱等に設置した無線基地局とユーザ宅のベランダ等に設置したアンテナとの間で、FWA(Fixed Wireless Access: 実効最大下り46Mbps・上り32Mbpsの帯域を共有)を利用。
    • 西日本は1.及び2.を「マンションタイプ」、3.を「ワイヤレスタイプ」と呼称しているが、東日本は全てを合わせて「マンションタイプ」と呼んでいる。
    • 東日本/西日本とも、2.のサービス開始からしばらくは下り最大50MbpsのVDSLを使用しており、その装置が設置されている建物では今でも帯域が据え置かれている(装置の交換は行なわれない)。この場合、ひかり電話が使用できない。
    • 2007年3月現在、少なくとも東日本の一部では、装置の「メインテナンス工事」と称して50Mbpsから100Mbpsへの交換が行われ始めている。その際、NTTからレンタルしている各戸内のVDSLモデムは無償交換になっている。
    • ファイバーの能力は、東日本の「タイプ2ハイパー」, 西日本の「フレッツ・光プレミアム マンションタイプ」(FTTCは対象外)のみは公称1Gbps、他は全て100Mbps。
Bフレッツ・マンションタイプ(光配線方式)【東】/フレッツ・光プレミアム マンションタイプ(ひかり配線方式)【西】 - マンションなどの集合住宅用。上記のFTTB/FTTCのマンションタイプとは異なり、集合装置にPONを設置し、マンション各戸まで直接光ファイバーを引き込む。狭義のFTTHと言える。なお、西日本の光プレミアムのIPv6等の仕様については、後述のフレッツ・光プレミアムと同様である。