フレッツ・光プレミアム【西】

  • フレッツ・光プレミアム【西】 - 標準でIPv6に対応し、CTU(加入者網終端装置、IPv6サービス用専用機器)が標準提供される。なお、ユーザ・網インターフェース(UNI: User Network Interface)としては、直接レイヤ3のIPをCTUにより提供するのが原則である(なお、IPsec+RADIUS(IPv4トンネリング)を使用)。そのため、従来のIPv4のブロードバンドルータなどのPPPoE機器を使うのであれば、CTUにその設定をした上でCTU配下に接続することになる(なお、2006年8月13日提供以降の新ファームウェアで対応)。Bフレッツ・ファミリー100と違い、接続端末数制限はない。最大セッション数は5である。また、アプリケーションサービスとしてフレッツ・v6アプリと同等のものが標準提供される。
  • Bフレッツ・ワイヤレスファミリータイプ【西】 - 近在の電柱等に設置した無線基地局(AP)と一般戸建ユーザ宅の外壁・ベランダ等に設置したアンテナ(WT)との間で、FWA(Fixed Wireless Access: 実効最大下り46Mbps・上り32Mbpsの帯域を共有)を利用し光サービスを提供する。光化が困難な地域や散居村などに設置されるケースが多い。伝送距離は概ね800m(基地局APとアンテナWT間)。